【まるがめ・G1四国地区選手権】興津10連続優出、3度目の四国No・1へ全集中

[ 2021年2月20日 05:30 ]

優出一番乗りを果たした興津藍
Photo By スポニチ

 ボートレースまるがめのG1「第64回四国地区選手権」は19日に準優勝戦3Rが争われた。一発目の9Rは絶好枠の興津藍(39=徳島)が他艇を寄せつけぬ完璧逃げを披露して1着、優出一番乗りを果たした。

 これで昨年11月の鳴門男女W優勝戦からの連続優出を10に伸ばして、改めて好調ぶりを見せつける形となった。それでも満足するそぶりは全く見せず「3Vを目指して頑張ります」と先月の児島、今月初旬の鳴門に続く今年3回目の優勝に照準を定めた。SGクラシック(3月23~28日、福岡)の出場権は昨年7Vで獲得済み。3枠で迎えるファイナルは14年2月のまるがめ開催以来となる四国地区選3勝目に全集中だ!

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月20日のニュース