【ジャパンC追い切り】デアリングタクト坂路で馬なり 松山「いい追い切りができました」

[ 2020年11月25日 15:42 ]

松山騎手が乗り、坂路で追い切られたデアリングタクト

 東京競馬場で29日に開催されるG1「ジャパンC」に出走する無敗の3冠牝馬デアリングタクト(牝3=杉山晴)は松山を背に坂路で最終追い切り。馬なりで4F54秒7~12秒7を計時した。

 2週連続で追い切りに騎乗した松山は「1週前に負荷をかけて、しっかりと動いていました。今週は長距離輸送もあるので、馬のリズム重視。いいフォームで、いい追い切りができました。乗っている感覚としては“良くなっているな”と思います」と手応えをにじませた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月25日のニュース