【ジャパンC】キセキ、17年菊花賞以来G1・2勝目へ 陣営「持ち味の持久力を生かせる展開になれば」

[ 2020年11月25日 05:30 ]

坂路で調整されるキセキ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 キセキは17年菊花賞以来となるG1・2勝目を狙う。京都大賞典2着、天皇賞・秋5着と来て、この秋3戦目。清山助手は「前走後は回復が早く、イメージ通りの調整をこなせている」と好調をアピールした。

 菊花賞を最後に勝利から遠ざかっているが、その後は18年ジャパンC2着などG12着4回。「今の荒れた馬場は合う。持ち味の持久力を生かせる展開になれば」と意気込んだ。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月25日のニュース