【ジャパンC】アーモンドアイ、ゆったり気負いなし 国枝師「今のところ何の問題もない」

[ 2020年11月25日 05:30 ]

<ジャパンC>ラストランを制して有終の美を飾りたいアーモンドアイ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 アーモンドアイは25日の最終追い切りに備えて坂路でキャンター。気負いもなくゆったりとした脚取りで駆け上がった。「勝手知ったるコースだからダクでもキャンターでも半分寝ながら走っているよ」と見守る国枝師がジョークを口にするほど落ち着いている。

 「休養明けは気が入って行きたがるけど、一度使えば折り合いやすい。距離が延びるのでテンションに重点を置いた調教をしているが、今のところ何の問題もない」と語っていた。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年11月25日のニュース