【ジャパンC】ワールドプレミア、久々実戦も馬体成長 結婚オーナーへ祝福のV届ける

[ 2020年11月25日 05:30 ]

厩舎周りで運動する(左から)マカヒキ、ユーキャンスマイル、ワールドプレミア
Photo By 提供写真

 友道厩舎からは昨年の菊花賞馬ワールドプレミアも出陣。昨年の有馬記念3着以来のレースになる。大江助手が期待の大きさを語った。「有馬記念は難しい展開だったが外々を回って3着に来た。3歳でアーモンドアイやリスグラシューに挑んで、あのパフォーマンス。まだ底を見せていない」

 今春は天皇賞を視野に入れていたが態勢が整わず、じっくり休養。帰厩後はジャパンCを目標に順調に乗り込んだ。「久々の実戦になるが、しっかり準備はしてきた。1年前と比べ筋肉のつき方やシルエットなどから成長を感じる。大人の雰囲気が出てきた」

 大塚亮一オーナー(46)がタレントおりも政夫(67)の長女で女優の、おりもりお(29)と来月25日に婚姻届を提出するというめでたい話もある。「おりも政夫さんからは“ハッピーウエディングに向けて、勝つしかないね”と言われてます」とオーナーは明かした。レース当日はおりも父娘と一緒に東京競馬場で観戦。愛馬に声援を届ける。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年11月25日のニュース