×

【府中牝馬S】傾向と対策

[ 2020年10月17日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(11年にG3→G2昇格)。

 ☆人気 1番人気は【1・3・2・4】、2番人気【0・2・4・4】と上位勢が不振。好成績なのは4番人気【4・1・0・5】、5番人気【2・2・1・5】。人気薄の激走も見られる。

 ☆生産 社台ファームが3勝、ノーザンファームが2勝と2強状態。なお、最多出走のディープインパクト産駒が【0・4・2・15】と勝ち切れていない。

 ☆馬齢 4歳【7・4・3・41】が圧倒的。中でも前走クイーンS組が【3・2・1・10】と好成績を残している。5歳も【3・4・3・53】と悪くない。

 結論 ◎シャドウディーヴァ ○トロワゼトワル ▲フェアリーポルカ

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年10月17日のニュース