【府中牝馬S】ミスターX トロワゼトワル◎ 素軽い動きで気配上々

[ 2020年10月17日 05:30 ]

 府中牝馬S(東京11R)はスピード上位のトロワゼトワルを本命に指名する。精鋭がそろったが、8頭の少頭数。トロワゼトワルに競りかける馬は見当たらず、横山典が楽にマイペースの独り旅に出る。7戦連続で走ってきたマイル戦から今回は1F延長となるが、逃げ切れる可能性は高いとみた。

 連覇した前走・京成杯AHでは、横山典が道中折り合いをつけてエスコート。逃げたスマイルカナとの接戦を鼻差で制す好内容だった。前々走・関屋記念でも2着と今が充実期。追い切りも、目立つ時計ではないが素軽い動きで気配は上々。(7)から(1)(2)(3)(4)(5)。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年10月17日のニュース