【佐賀・九州ジュニアチャンピオン】18日発走 軸馬不在の混戦模様

[ 2020年10月17日 05:30 ]

番手から抜け出しを狙うシュリーデービー(提供写真)
Photo By 提供写真

 佐賀デビュー馬限定の2歳王者を決める1400メートルの戦い。昨年第30回大会は佐賀の女傑ミスカゴシマが道中2番手でノビノビと運び、3コーナー過ぎで先をいくカミノメグミを抜き去ると後続を一気に突き放し大差で圧勝。地力の違いを見せ付けた。

 今年3歳になりミスカゴシマは4月「ル・プランタン賞」、5月佐賀3冠レースの一つ「佐賀皐月賞」、7月佐賀の古馬一線級と相まみえた「吉野ヶ里記念」とビッグタイトルをゲット。このことから見ても今大会は佐賀スターホースへの登竜門に位置づけられる。

 今年第31回は上位の実力が拮抗しており確固たる軸馬は不在。その中で中心に推したいのはシュリーデービー。デビューから3勝を飾っているが8月には「フェニックス賞2歳オープン」(小倉 芝1200メートル・10着)でJRAの舞台を経験。佐賀1400メートルの持ち時計も高値安定。前走のように番手からスムーズに抜け出しをはかる。

 相手は3戦3勝のアルティマソウルを指名する。持ち時計はシュリーデービーを上回っており逆転は十分に可能とみる。前哨戦の9月「シリウス特別」を制したキングサリも前記両馬に地力面でヒケはとらない。「フェニックス賞2歳オープン」ではシュリーデービーに先着(8着)している。9月「シリウス特別」2着のモーモーブラックは7戦1勝2着5回としぶとさ満点。持ち味のハナに立って粘る競馬で魅せるか。ムーンオブザボスの追い込みにも警戒したい。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年10月17日のニュース