【紫菊賞】ヨーホーレイクV 福永「高いポテンシャルを持っています」

[ 2020年10月17日 17:08 ]

 17日の京都9R・紫菊賞はヨーホーレイク(牡2=友道、父ディープインパクト)がグラティトゥーとの叩き合いを制して連勝を決めた。

 福永は「こういう馬場は得意ではないけど、こなしてくれた。完全な芝馬。良くなる余地を残す中で連勝したし、高いポテンシャルを持っていると思う」と振り返った。

 きょうだいは早い段階から活躍馬を出している。全兄カミノタサハラは13年の弥生賞勝ち。最近では全兄ストーンリッジが昨年11月の新馬勝ちから、きさらぎ賞2着。弟もきっちりと重賞戦線に乗せてきた。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月17日のニュース