【小田原】真杉 自慢の先行力で真っ向勝負挑む!準決では岡崎、高橋の西の自力型と対戦

[ 2020年9月15日 05:30 ]

 113期の新鋭真杉が好調だ。7月には地元宇都宮で逃げ切り3連発でS級初V。初日8Rでも果敢に風を切り悠々と逃げ切った。「突っ張っても押し切れるくらいの自信はあったけど、一度引いてからタイミング良く仕掛けられた。出切ってからは余裕もあった」と振り返った。真杉の番手で2着の志村は「番手を回るのは2回目になるけど、半年くらいの間に急激に強くなっている。まだ、21歳だもんね」と評価する。準決8Rでは経験値で勝る岡崎、高橋の西の自力型との対戦。自慢の先行力で真っ向勝負を挑む。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月15日のニュース