【セントライト記念】ヴァルコス 休養して成長を実感「競走馬らしい体形になってきた」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

<セントライト記念>休養して馬体が成長したヴァルコス(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 友道厩舎のヴァルコスが、東のトライアルに挑む。ダービー14着以来となるが、大江助手は「競走馬らしい体形になってきて、パワーアップを感じる。いい状態で向かえます」と成長を感じ取る。2走前の青葉賞は中団から長く脚を使って首差2着に好走。「この馬のいいところを分かっているジョッキーに続けて乗ってもらえるので」とコンビ継続の三浦に託す。鞍上は先週のセントウルS(ダノンスマッシュ)に続き、関西馬で重賞連勝が懸かる。 セントライト記念

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月15日のニュース