【ローズS】フアナ 角居師×ルメール“最強タッグ”で下克上だ!

[ 2020年9月15日 05:30 ]

最強タッグでローズSに挑むフアナ
Photo By スポニチ

 中京日曜メインは秋華賞トライアルの「第38回ローズS」(3着まで優先出走権)。夏の小倉で1勝クラスを勝ったフアナが“最強タッグ”で春の実績馬に挑む。小滝助手は「前走はトライアルと秋華賞を見据えてサラッとした仕上げでしたが、いい競馬をしてくれた。馬体重も(28キロ)増えていたし、しっかりしてきましたね」と充実ぶりに目を細めた。

 春は牝馬2冠の舞台に立てなかったが、ここで権利を獲ってラスト1冠を目指す。同助手は「器用に競馬をしてくれるし、コースは問わない。何とか本番に出したいですね」と意気込んだ。

 角居厩舎は3年前、1勝クラスVから挑んだラビットラン(8番人気)でローズSを制覇。鞍上も15年に1勝クラス勝ちのタッチングスピーチ(7番人気)を勝利に導いた。“上がり馬”でVを狙うには、これ以上ない頼もしいタッグ。有力ステップを制して、打倒デアリングタクトへ名乗りを上げる。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月15日のニュース