【セントライト記念】サトノフラッグ 久々も太めなし「暑さを気にすることなく調整できた」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

<セントライト記念>順調に調教されているサトノフラッグ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 サトノフラッグはダービー11着以来の実戦だが、順調に調整されている。「暑い中、特に気になることもなく調整できた。久々だが見た目も太くない」と国枝師。「春より気持ちに余裕が出て、厩舎で威張るようになった」と、少しずつオープン馬の貫禄も見せ始めている。春2冠は完敗に終わったが「勝った弥生賞のような競馬ができれば、ここ2走のようなことにはならない」と復活を期して臨む秋初戦だ。 セントライト記念

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月15日のニュース