【セントライト記念】父子菊花賞Vへ!リスペクト 勝負駆けに燃える「ここで優先出走権を獲りたい」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

<セントライト記念>菊花賞の権利獲りに挑む上がり馬・リスペクト
Photo By スポニチ

 リスペクトが父子菊花賞Vの夢を懸け、菊の権利獲りに挑む。福島の前走・開成山特別(芝2600メートル)は後手に回り、中団の外に押し上げた最終4コーナーでも厳しい位置取り。粘り強く伸び、大きな“鼻差勝ち”を収めた。奥村武師は「ゲート内で鼻をぶつけて驚いたのでしょう。道中では進んで行かなかった。最内枠で動きにくかった中、勝ち切ってくれたことを評価したい」と振り返る。

 その後は放牧を挟み、セントライト記念に備えた。3歳の今年は2200メートル以上を一貫して使い、持久力には自信を持ってきた。指揮官は「春はトモ(後肢)の弱さがあったが、左右のアンバランスさがなくなった。体幹もしっかりした」と成長を感じている。父エピファネイアは13年菊花賞を5馬身差の圧巻V。同師は「スタミナは豊富なので菊花賞に行きたい。ここで優先出走権を獲りたい」と勝負駆けに燃えている。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月15日のニュース