【高松宮記念】シヴァージ、上がり3F最速タイの末脚で5着 藤岡佑「今後が楽しみ」

[ 2020年3月29日 16:51 ]

 戦後初の無観客G1として行われた「高松宮記念」は2位入線のモズスーパーフレア(牝5=音無)が繰り上がり、G1初制覇を飾った。

 12番人気のシヴァージ(牡5=野中)は、後方待機から上がり3F最速タイ(33秒1)の末脚で5着まで追い上げた。

 藤岡佑「出負けしてしまった。4角で狭くなったが、ハジき出して直線は良く伸びてくれましたね。G1初挑戦でも内容はあったし、今後が楽しみになる競馬でした」

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2020年3月29日のニュース