ミシェル 4月以降も日本滞在へ!短期免許31日期限もコロナ考慮し帰国せず

[ 2020年3月24日 05:30 ]

浦和7Rで勝ったミシェル(右)は騎乗馬フレンチチェリーを管理する張田師とハートポーズ
Photo By スポニチ

 地方短期免許で南関参戦中のフランス人女性騎手、ミカエル・ミシェル(24=川崎・山崎裕)は23日、浦和で6鞍に騎乗。7Rの3番人気フレンチチェリーで好位追走、4角先頭から押し切って地方24勝目を挙げた。「私もチームも思っていた通りのレース。満足です」と笑顔を見せた。

 短期免許は今月31日まで。4月以降も日本での騎乗を望むミシェルは「まだ(NARから)返事はありませんが騎乗できなくても日本に残るつもり。他国に行くかもしれませんが、コロナウイルスの影響を考慮してフランスには帰国しません」と語った。地方競馬の年度替わりは4月。引き続き期間限定騎乗するためには、改めて短期免許を申請し試験に合格する必要がある。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年3月24日のニュース