アイラブテーラー 和田と再コンビで高松宮記念直行

[ 2020年1月22日 05:51 ]

 年明けの淀短距離Sで1番人気に応え、オープン初勝利を飾ったアイラブテーラー(牝4=河内、父トーセンラー)は高松宮記念(3月29日、中京芝1200メートル)一本に狙いを絞っていく。2走前の京阪杯2着で騎乗した和田との再コンビで臨む。現在は放牧中で、もう1戦するプランもあったが直行ローテを選択。河内師は「賞金を加算できたし、休み明けを苦にするタイプでもない。むしろ詰めて使うより間があいている方がいいと思う」とGIを見据える。「ユタカ(武豊)がドバイに行くから次は乗れないけど京阪杯で乗ってもらったジョッキーなので」と期待を口にしていた。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2020年1月22日のニュース