【若竹賞】ペルラネーラ、休養効果で良化 国枝師「休ませた分だけ良くなってきた」

[ 2020年1月22日 05:30 ]

 若竹賞でウインマリリンの前に立ちはだかるのがマーフィー騎乗のペルラネーラ(牝=国枝)だ。デビュー2戦目の東京芝1800メートルで豪快に差し切って初勝利を挙げたディープインパクト産駒。今回は4カ月の休養明けになるが、国枝師は「奥手のタイプでまだ緩いが、休ませた分だけ良くなってきた」と語る。昨年のチャレンジC3着ブレステイキングの全弟とあって目が離せない。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年1月22日のニュース