【府中牝馬S】スカーレットカラー 馬体に幅出た

[ 2019年10月9日 05:30 ]

 クイーンS2着のスカーレットカラーが重賞初制覇を狙う。近走は決め手に磨きをかけ、充実著しい。クイーンSもメンバー最速の末脚(3F33秒4)で強襲した。高橋亮師は「これまでは長くいい脚を使うイメージだったが、前走の上がりの脚に成長を感じた。馬体に幅も出て成長している。中間も時計を積み上げた」と自信の口ぶりだった。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月9日のニュース