【秋華賞】過去10年傾向分析 2歳女王ファンタジーだけ満点

[ 2019年10月9日 05:30 ]

G1プロファイリング

満点評価のダノンファンタジー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 過去10年の結果から傾向を探り、重要項目をそれぞれ10点満点で採点する。

 <1>前走 ローズS組が【57659】と連対圏内の大半を占める。馬券圏内に1頭も入らなかったことはなくワンツーが4度ある。紫苑S組は苦戦傾向にあったが、重賞に昇格した16年から2年連続で勝ち馬を出した。昨年はオークスから直行のアーモンドアイが優勝した。ローズS組が10点、紫苑S組は9点、前走G1組は8点。

 <2>距離実績 距離適性が鍵を握る。優勝馬のうち2000メートル以上での勝ち鞍がなかったのは09年レッドディザイアと11年アヴェンチュラのみ。レッドはオークス2着、アヴェンチュラはクイーンS勝ちの実績があった。1800メートル以上で3着以内に入ったことがない馬は1頭も馬券に絡んでいない。10F以上で勝利もしくは9Fの重賞Vで10点。9F勝利で9点、連対していれば8点。

 <3>脚質 小回りコースだが中団差しが優勢。4角4番手以内から勝ったのは11年アヴェンチュラのみ。4角5~9番手が8勝と断然。同10番手以下からの後方一気が決まったのは昨年のアーモンドアイだけだが、2着5回と上位には食い込む。前走の4角通過順が5~9番手で3着以内の馬が10点。10番手以下が9点。過去に中団差しで勝利していれば8点。

 結論 3項目全てで10点がついたのはダノンファンタジーただ1頭。2歳女王が貫禄を見せつける。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月9日のニュース