【天皇賞・秋】サートゥルナーリア 2週前追い切りで順調さアピール

[ 2019年10月9日 12:57 ]

 天皇賞・秋(27日、東京)に出走予定の皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3=角居)は坂路で2週前追い切りを行い、4F54秒9~1F12秒7をマークした。

 辻野助手は「今日は馬場がだいぶ重たかったけど、息遣いもケロッとしていた。神戸新聞杯(1着)のあとは1週間、ノーザンファームしがらきで疲れを取り、先週から乗り出している。これから上げていければ」と順調さをアピール。

 新たにスミヨンとのコンビで、アーモンドアイなど古馬の一線級に挑む。「強い馬も出てくるし、楽なレースにはならないと思うが、この馬の力を出せれば十分、太刀打ちできるんじゃないかな」と力を込めた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年10月9日のニュース