【蒲郡・レディースC】地元大滝 意地の2着死守

[ 2019年8月13日 05:30 ]

 コンマ01の極限Sを決めた大山が、今井のまくり差しを許さずに1マークを悠々と制圧。その間にブイ際に切り込んだ大滝がスルスルと2番手に浮上。猛追の今井に並びかけられるシーンもあったが、最終2マークで今井が犯したターンミスを見逃さず、急角度の差し込みで2位を死守。地元の意地を見せつけた。

 レース後は「優勝戦はスムーズだったし回り足が良かった。大山選手が抜群だっただけ。悔いはないです」とやり切った表情。そして「次の目標ができました」と来年のレディースチャンピオンに向けて再スタートを誓った。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2019年8月13日のニュース