【福島新馬戦】グライユル押し切った マイルまでは持つ

[ 2019年7月21日 05:30 ]

 福島6R新馬戦(芝1200メートル)は、エピファネイア産駒グライユル(牝=鹿戸)が4角先頭からV。ゴール前で後続が殺到したが、スピードで押し切った。

 5Rに続き新馬戦連勝の三浦は「気のいいタイプの牝馬。まだまだ上積みがありそう」と素質を高く評価。鹿戸師は「スピード能力を見せてくれた。落ち着いて走れるのでぎりぎりマイルまで距離は持つと思う」と先を見据えた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2019年7月21日のニュース