【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】21日中京10R 関東の素質馬デンバーテソーロが尾張で2勝目

[ 2019年7月21日 08:00 ]

 今日でフィナーレとなる夏の福島開催は、騎手リーディング争いが大接戦となっている。先週の段階では戸崎が11勝で1位、三浦が9勝で2位だったが、土曜に三浦が3連勝を含む4勝の固め打ちで一度は逆転。しかし、その後に戸崎が8Rと12Rを勝って1着数で追いつき、2着数(8回。三浦は6回)の差で再びトップに立った。きょう日曜は両騎手とも有力馬がズラリ。最後まで目が離せない戦いとなりそうだ。

 本日の当欄で取り上げるのは中京10R。関東から遠征するデンバーテソーロに自信の◎で勝負だ。3カ月半ぶりで馬体重12キロ増の前走・清里特別は8番人気にとどまっていたが、発馬でつまずくロスを挽回して楽に先行し、最後は甘くなったものの0秒2差の3着。敗れたとはいえ、中身は実に濃かった。芝で大敗が続いていたために人気の盲点になっていただけで、2歳時にはエーデルワイス賞2着、兵庫ジュニアグランプリ3着と交流重賞でV争いを演じた実績の持ち主。ダートの2勝クラスでは地力が一枚上で、上積み十分の今回は確勝級とみた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「セントライト記念」特集記事

2019年7月21日のニュース