リリーノーブル引退 引退後は繁殖へ

[ 2019年7月11日 05:30 ]

 昨年の桜花賞3着、オークス2着と牝馬クラシックで好走したリリーノーブル(牝4=藤岡)が引退、繁殖入りすることが決まった。所属するサンデーサラブレッドクラブが公式サイトで発表。6月に発症した種子骨じん帯炎の影響で復帰困難と判断された。通算6戦2勝。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2019年7月11日のニュース