【中京記念1週前追い】ジャンダルム復活なるか 休養明けも動き抜群

[ 2019年7月11日 13:25 ]

 来週の中京記念に参戦するジャンダルムはCWコースで1週前追いを行った。6F81秒4~1F11秒4と長めをビッシリ追われ、併走馬に先着。休養明けでも動きは抜群だ。池江師は「いい状態で送り出せると思います。ただ、非力なので馬場がどうか」と良馬場を願った。

 デビューから2連勝で重賞制覇。G1・ホープフルSでも2着の実績を持つが、18年弥生賞(3着)を最後に馬券に絡んでいない。「前走(東京新聞杯・14着)はイレ込むことなく競馬ができたけど、疲れがあったね。休養を挟んで、背腰がだいぶ良くなっているし、立て直した効果は期待できる」と指揮官は力を込めた。17年デイリー杯以来となる、勝利を期待したい。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2019年7月11日のニュース