コパノキッキング 函館競馬場に入厩 8.12菜七子とコンビでクラスターCへ

[ 2019年7月11日 18:12 ]

 藤田菜七子とコンビ継続で交流G3・クラスターC(8月12日、盛岡ダート1200メートル)に挑むコパノキッキング(セン4=村山)が11日、函館競馬場に入厩した。

 放牧先の小国スティーブル(北海道新ひだか町)から無事移動を終え、馬房ではおいしいそうにカイバを食べた。函館は昨夏も滞在している。柴田助手は「栗東にいる時と比べると、函館の方が運動でも落ち着いている。その分、調整もしやすい。フレグモーネ(傷ばれ)明けなのでじっくり調整していくことになると思う」と話した。12日から馬場入りし、レース前日に盛岡に移動予定。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2019年7月11日のニュース