【宝塚記念】帰国初戦の“鬼門”オトナになったリチャードには不問

[ 2019年6月19日 05:30 ]

<宝塚記念>厩舎周りで運動するスワーヴリチャード
Photo By 提供写真

 【G1ドキュメント・栗東=18日】海外遠征が負担とならなくなった昨今、もはや“帰国初戦”は割引材料にはならない。どころか、収穫も少なくないとオサムは思う。昨年の大阪杯覇者スワーヴリチャードは前走ドバイシーマクラシックに挑戦。3着に甘んじたが、長距離輸送、環境の変化、異国の地でのタフな経験がこの馬を一段と大きくした気がする。庄野厩舎の“攻め専”松本助手も成長を実感する一人。

 「先週追い切りに乗ったミルコ(デムーロ)も“大人になった”って、そんなこと言ってたよ。併せた相手の方に乗ってたけど、落ち着いて指示通りしっかり動けていたと思う」

 松本助手が騎乗したダイシンカローリ(4歳2勝クラス)は瞬時に引き離されたが、サッと先着を果たしたリチャードの背中がずいぶんたくましく見えた。馬なりで6F80秒9~1F11秒7。1週前追い切りは時計的にも優等生。「落ち着きが結果につながればいいけどね」と目を細めた。

 帰国初戦で迎える宝塚記念は確かに“鬼門”ではある。同様にドバイシーマクラシック帰りだった13年のジェンティルドンナは1番人気支持も3着。16年のドゥラメンテも牝馬のマリアライトに後塵(こうじん)を拝す2着に敗れた。スワーヴにはジンクスを覆す“結果”が求められるが担当の久保淳助手は強気だ。

 「動きに関して言えば先週も先々週も良かった。あとは天気だけど、雨は嫌だな。馬より、人間が濡れるのが嫌だから」と梅雨入りも笑い飛ばす。

 舞台は大阪杯Vを含む3戦2勝を誇る阪神。心身共に成長した姿をファンの前に披露できるはずだ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月19日のニュース