【宝塚記念】レイデオロ、ルメールで万全態勢整える

[ 2019年6月19日 05:30 ]

 レイデオロは18日は坂路でキャンター(4F58秒9)。力強い脚さばきで19日の最終追いに備えた。藤沢和師は「ドバイ(シーマクラシック6着)はナイターでテンションが高かった。押し出される形でハナに行ったので」と敗因を分析。続けて「先週の併せ馬がいい感じだった。今回は日本の競馬。阪神も内回りは初めてだけど、結果(神戸新聞杯1着=外回り2400メートル)は出ている。行く馬もキセキと分かっているので、その点では競馬しやすいと思う」と、昨秋天皇賞以来のG1・3勝目に照準。1週前追いに続き、最終追いも主戦・ルメールが騎乗し、万全の態勢を整える。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月19日のニュース