菜七子「徹子の部屋」出演、筋肉サワサワされ赤面…

[ 2019年6月19日 05:30 ]

藤田菜七子騎手
Photo By スポニチ

 藤田菜七子(21)が、18日放送のテレビ朝日系列「徹子の部屋」に出演。司会の黒柳徹子(85)と誕生日が同じ8月9日ということで、菜七子は「いつかお会いしたいと思っていました。お誕生日会をやりましょう」と呼び掛けるなど和やかな雰囲気に包まれた。

 競馬界のスーパーヒロインは「(可愛いと言われるのも)嫌ではないですけど、どちらかというと“格好いい”と言われた方がうれしい」。鮮やかなグリーンのノースリーブで出演した菜七子に、黒柳が「私も昔、騎手になりたかった。触ってもいい?」とおねだり。鍛え抜かれた上腕に「凄い!全部筋肉なんですね」とサワサワし続ける黒柳に、「恥ずかしい…」と赤面するシーンも。

 また、番組内では師匠の根本康広師がVTR出演し、「性格は“男”です。弟子が3人いますが、“こうやって乗ろう”と話しても、彼女だけが“嫌です。私はこうします”って。あと過去を振り返らないというか、海外(遠征)の記念品とかその辺にポンと置いてある」と暴露。菜七子は「モノには執着しないので」と照れ笑いする一方で、JRA競馬学校時代の恩師である渡辺雅也元教官からのメッセージに少し目を潤ませる場面もあった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月19日のニュース