【大宮】高久保 ワンツー再現へ気合十分「考えて走りたい」

[ 2019年5月27日 05:30 ]

 予選スタートの高久保が9Rで7番手から豪快にまくり切り、力のあるところを見せつけた。「500だし後方になっても焦りはなかった。組み立ては甘いが直線が長い分、何とか届いたかな」と振り返った。それでも準決に向けては「初日のような組み立てでは決勝には勝ち上がれないと思う。体調面は問題ないので考えて走りたい」と気合を入れ直した。番手を回る北野とは宇都宮ブロックセブンでワンツーを決めており、別線の自力型が桜井というのも一緒。前回と同様にしっかり動いてブロックセブンの再現だ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年5月27日のニュース