【川口記念】鈴木清 涙のG2初優勝「信じられない」

[ 2019年5月13日 05:30 ]

初のG2優勝を果たし賞金ボードを掲げる鈴木清
Photo By スポニチ

 川口オートのナイターG2スポニチ杯「川口記念」(優勝賞金150万円)は12日、12Rで優勝戦(4100メートル=8周)が行われ、鈴木清(46=川口)が初のグレードレース優勝を果たした。

 スタートで好位置につけ2周目3コーナーで先頭に立つと、永井に逆転を許す場面もあったが、きっちり差し返してVゴール。「信じられない。ずっと支えてくれたファンや師匠の清水さん、仲間のおかげ」と感謝の言葉を述べると、こらえていた涙が一気にあふれ出した。

 ファンを大事にし、ファンに愛される川口の人気者がG2初Vを執念の走りで勝ち取った。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年5月13日のニュース