【ヴィクトリアM】戦い終えて

[ 2019年5月13日 05:30 ]

 ▼6着ミエノサクシード(川島)中団で競馬をしたかったが、周りも速くて後ろに。直線は腹をくくって内へ。頑張っているが…。

 ▼7着サウンドキアラ(田辺)中団の外を回ってくれという指示通り。よく走っている。

 ▼8着ミッキーチャーム(川田)輸送もクリアしていい状態で競馬に臨めたが、この馬には時計が速すぎた。

 ▼9着ソウルスターリング(武豊)タイムが速すぎたが道中の感じは悪くなかった。復調の兆しは感じた。

 ▼10着レッツゴードンキ(岩田康)折り合い重視で力みなく運べた。しまいも脚は使っている。
 
 ▼11着レッドオルガ(北村友)タフな流れでタメがつくれなかった。直線で余力がなく反応できなかった。

 ▼12着デンコウアンジュ(柴田善)予想以上に時計が速かった。この馬にとって一番嫌な馬場となってしまった。

 ▼13着サトノワルキューレ(内田)ジリジリとは伸びているが、この時計では厳しい。

 ▼14着アマルフィコースト(坂井)道中はリズムよく走ったが、時計が速すぎる。

 ▼15着フロンテアクイーン(三浦)外枠でもある程度に位置を取らなければいけない。難しい競馬になった。

 ▼16着ワントゥワン(中谷)時計が速くて前が止まらない展開で厳しかった。

 ▼17着メイショウオワラ(秋山)この時計では追走が精いっぱい。

 ▼18着カンタービレ(M・デムーロ)道中はいい感じも直線でフォームがバラバラに。こんな馬ではないはず。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2019年5月13日のニュース