【西武園】伏見 決勝へ好感触「ケガの痛み癒えて体動いてる」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

 今シリーズ唯一のタイトルホルダー伏見が決勝まで駒を進めた。準決勝9Rは前を任せた早坂が主導権を奪い番手有利に抜け出し。早坂が4着に沈み「3着以内に残せたかも」と悔やんだが「ケガの痛みが癒えて体は動いている。練習の成果が出た」と好感触を明かした。17年6月の当地F1も準決勝は早坂との連係から白星を手にし、決勝はライン3番手から内を突いて優勝。「西武園はA級で初優勝を飾ったバンク。思い入れが強い」。04年静岡ダービー王が当地F1連覇で次走の松戸ダービーへ弾みをつけるか。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年4月24日のニュース