アーモンドアイ、凱旋門賞見送り 公式サイトで発表

[ 2019年4月17日 12:38 ]

ドバイターフを勝ったアーモンドアイ
Photo By スポニチ

 ドバイターフでG1・5勝目をマークしたアーモンドアイ(牝4=国枝)が、遠征プランのあったフランスG1凱旋門賞への登録を見送ることになった。17日、所属するシルクホースクラブが公式サイトで発表した。

 理由については「ドバイ遠征における新たな環境への対応、レース後の様子、長距離輸送での体調の変化などを精査した結果、凱旋門賞への挑戦は全てがタフな条件となることから、ベストのレース選択ではない、との結論に至りました」と説明。同馬は現在、福島県のノーザンファーム天栄で着地検査中。今後については国内、海外のレースを視野に検討される。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年4月17日のニュース