【東海S】インティ強い6連勝!武豊デビューから33年連続重賞V

[ 2019年1月20日 15:31 ]

<中京競馬11R・東海S>1着のインティ(右)と2着チュウワウィザード(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ダート重賞「第36回東海S」(G2、ダート1800メートル)が20日、中京競馬11Rで行われ、武豊騎手騎乗のインティ(牡5=野中)が優勝。破竹の6連勝で重賞初勝利をあげた。鞍上の武豊はデビュー年から33年連続でのJRA重賞勝利となった。

 勝ったインティは父ケイムホーム、母キティという血統。17年4月のデビュー戦は9着に敗れたが、2戦目から連勝街道がスタート。今回が重賞初挑戦で、これで6連勝となった。通算戦績は7戦6勝。

 武豊は今年重賞初制覇で、デビューした87年から33年連続重賞勝利となり、自身が持っていた記録をさらに更新した。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2019年1月20日のニュース