【AJC杯】1年1カ月ぶり実戦のシャケトラV!角居師は調教停止処分から復帰後初勝利

[ 2019年1月20日 16:01 ]

<アメリカジョッキークラブカップ>レースを制したシャケトラ(左端)、2着のフィエールマン(中央)、3着のメートルダール(右端)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 伝統の古馬重賞「アメリカジョッキークラブカップ」(G2、芝2200メートル)が20日、中山競馬11Rで行われ、石橋脩騎手騎乗の7番人気シャケトラ(牡6=角居)が優勝。1年1カ月ぶりとなる久々の実戦で重賞2勝目をあげた。

 勝ったシャケトラは父マンハッタンカフェ、母サマーハという血統。17年12月の有馬記念(6着)以来の実戦だったが、見事に勝利した。勝ちタイムは2分13秒7(良)。2着には断然1番人気のフィエールマン、さらに3着には5番人気メートルダールが入った。

 管理する角居師は昨年7月6日に道路交通法違反(酒気帯び運転)で逮捕され、6カ月間の調教停止処分を受けた。復帰後初勝利が重賞の舞台となった。

 ▼石橋の話 (騎乗予定だった戸崎が病気のため急きょ乗り替わり)こういうチャンスをいただけたので馬自身は1年ぶりだったが、勝つ競馬をしようと思った。4コーナーから素晴らしい動きをしていて、直線を向いてからも素晴らしい伸びだった。最後はよくしのいでくれたと思う。1年ぶりでこういう競馬できるので能力がある。今後も楽しみ

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年1月20日のニュース