【新潟ジャンプS】タイセイドリーム2度目の重賞V 平沢「力通りの結果」

[ 2018年8月25日 14:54 ]

 新潟で行われたJ・G3「第20回新潟ジャンプS」は中団インでロスなく立ち回った2番人気タイセイドリーム(牡8=矢作)が内から伸び、16年新潟ジャンプS以来、2度目の重賞制覇を飾った。

 16年小倉サマージャンプ(マキオボーラー)以来、2度目の重賞制覇を飾った鞍上・平沢は「全体的にロスなく乗れたと思う。何度か飛越でロスはあったが、馬がリカバーしてくれた。力通りの結果でしょう」とニッコリ。さらに「8歳でも馬はまだまだ若い。(長期休養明け3戦目で)もっと良くなる余地はある」とさらなる活躍を誓っていた。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2018年8月25日のニュース