【新潟新馬戦】レッドアネモス人気に応える 友道師「センスがある」

[ 2018年8月25日 14:16 ]

 25日の新潟5R2歳新馬戦(芝1600メートル)は2番手から早めに抜け出した1番人気レッドアネモス(牝=友道、父ヴィクトワールピサ)が外から伸びたマイネルサーパスを半馬身抑えてデビューV。

 騎乗した森泰斗(船橋)は「ゲートで待たされてボーッとしていたので、軽く気合をつけた。ペースが遅くて前半は力んだ。抜け出すのが早すぎてフワッとしたが、しっかり伸びてくれたた。今後が凄く楽しみな馬」と称賛。

 友道師は「センスがありますね。きょうは遅すぎて掛かったが、上のクラスでペースが上がれば競馬しやすいと思う。今後もマイルぐらいを使いたい。一度放牧に出します」と振り返った。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2018年8月25日のニュース