【万哲の乱 特別編】25日小倉11R タガノディグオが今度こそ逃げ切る

[ 2018年8月25日 08:00 ]

 土曜のJRA3場のメインレースのわが本命馬は、実はすべて前走でも◎を打った馬たち。小倉11R・釜山Sの◎タガノディグオは前走・薩摩S(2着)も本命。好スタートから向正面で単騎逃げに持ち込んだ時に正直勝った…と思っていた。道中で2番手に押し上げた勝ち馬ウェスタールンドが結果的にあまりにも強く、その「直撃弾」に遭ってしまった形。ただ早めに抜かれそうになりながら、粘り込んで2着は弱くはない。今回は前走のウェスタールンド級の難敵が不在。このメンバー構成なら、昨年の交流G1ジャパンダートダービー3着の底力を見直したい。トップハンデ57・5キロはJRAに力を認められた証拠。

 《もうひと押し》新潟9R・瀬波温泉特別は◎カブキモノ。本来の逃げ戦法に持ち込めれば、ここはマイペースが見込める顔触れ。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年8月25日のニュース