PR:

【有力2歳馬情報】大阪スポニチ競馬班POG座談会&推奨馬

オサムのドラフト指名2歳馬
Photo By スポニチ

 【オサム】ほな、毎年恒例の“ユルい”POG座談会始めましょか。座長はもちろん、このわたくし。とりあえず生ビールで乾杯しましょ。

 【小林】相変わらず、のんびり構えてますね。トレセンに良血馬が続々と入厩し取材合戦も始まってますから。ちょっとは慌ててもらわんと。今年は絶対に“結果”を出さないと。スポニチスタッフは鋭い。いい取材してる!!と言われるぐらいじゃないと。

 【オサム】ふふ。鼻で笑うわ。真剣に選んだ結果があれかいな。傷口に塩をすり込むようやけど、去年の結果から振り返らせてもらうわ。さてと小林クンの1位が…。あらら。

 【小林】すんませんね。そうですよ。1位がアドマイヤキング。新馬戦こそ勝ったけど以降、鳴かず飛ばず。ダート替わりでも結果が出せずじまい。無念の一語です。新馬戦でワグネリアンと首位争いを演じたヘンリーバローズは戦線離脱。この馬が無事ならクラシックは堅かったんですが…。

 【オサム】タラレバはアカンねん。何より無事で稼げる馬を選んでくれんと。

 【小林】でも牡馬の3位を思い出してください。ビリーヴの子ジャンダルム!!デイリー杯を勝ってG1ホープフルSで2着。今年はこの馬の浮き分でなんとか乗り切れそうです。選んでて良かった〜。そう言うオサムさんはどんなラインナップだったんですか?

 【オサム】忘れよ。牡馬の1位がシエラネバダ。2戦目の未勝利勝ちまでは良かったけど、尻すぼみで現在休養中。兄のマウントロブソン、ポポカテペトルを超える大物と言われたんやけど。悔しいなあ。いちばん頑張ってくれたのが牡馬4位のパクスアメリカーナ。これはアーリントンC2着からNHKマイルCにも出た。出ただけやったけど。

 【細原】あのう。先輩お2人で話を進めてますけど、僕ら帰っていいですか?カワイイ嫁が寂しがってるんで。

 【オサム】小林に対するイヤミか!!確かに小林はPOGで選んだ馬が恋人かつ子供のようなもの。それ言っちゃアカン。

 【小林】ほっといてください!!では若手が持ち寄ってくれたPOG情報から聞きましょう。

 【寺下】では僕から始めさせてもらいます。キーワードはズバリ、「ディープインパクト産駒」と「池江厩舎」。この2つのキーワードで勝ち組になれる。一昨年選んだアルアインは毎日杯から見事、皐月賞馬に。この選択に間違いはありません。

 【小林】どれどれ。えげつないなあ。池江厩舎のディープ産駒が牡馬4頭に牝馬2頭。ブランドでガチガチに固めたなあ。

 【寺下】牡馬の1位とした『サトノソロモン』はセレクト当歳セールで2億8000万円。母は仏G1ホースですからね。馬は金額で走るものではないけれど、誰が見てもいい馬です。2位の『サトノルークス』もセレクトセールで2億7000万円の値段が付きましたね。

 【オサム】世の中、カネかい!!“億”の値段が付く馬じゃないとクラシック狙えんのかい!!でも今年は桜花賞がロードカナロア産駒。皐月賞がオルフェーヴル産駒やで。ディープで固めてしまうのも夢がないんじゃない?

 【寺下】いえ。皐月賞は本来、主役のダノンプレミアムが回避。出てれば勝っていた。ディープ産駒はこれまで桜花賞4勝、皐月賞2勝、オークス3勝、ダービー3勝。凄すぎます。

 【小林】今年は新種牡馬が結果を出したのに、やはりディープ神話は揺るぎないみたい。来年のクラッシックはディープ産駒の“揺り戻し”がありそう。

 【オサム】安易や。去年は君子危うきに近寄らず…とか何とか言って新種牡馬を回避し、桜花賞も皐月賞も取り逃がした。“虎穴に入らずんば虎子を得ず”の勇猛さで行かないと。

 【細原】新種牡馬に飛びつくと大ハズレのケースもありますから。今年2歳がデビューする新種牡馬はジャスタウェイにトーセンジョーダン。ベルシャザールにダンカークですか。ちょっとインパクトないですね。

 【オサム】なんでや!!須貝師に怒られるで。ジャスタウェイやで。国際レーティングで1位になったあのジャスタウェイの子供がデビューするんやで。

 【小林】力が入ってますねえ。そう言えばオサムさんは須貝厩舎の2歳馬説明会に出席してましたね。若手に混じって(笑い)。

 【オサム】実は今年初めて厩舎主催の2歳馬説明会に出席させてもらってん。楽しかったわ♪みんなで未来を語る。夢と希望に満ちあふれてた。来年からは全厩舎の説明会に出席させてもらうよ。

 【小林】“似合わない”ともっぱら評判でしたよ。なんでオサムさんが今さら来てんだ?と。

 【オサム】いやいや、勉強になるねん。まだ入厩してない2歳馬の名前を覚えて会話のなかでさりげなく出すと、若手記者にも尊敬されんねん。調教師にも“オッ、あいつ勉強してるな”みたいな。

 【小林】そんな姑息(こそく)な理由ですか!!では次に細原くんのラインアップを見せてもらいましょうか。深く食い込んでる藤原英厩舎あたりからお薦めが聞けるとありがたい。

 【細原】牡馬1位はクラシックを意識できる『シルヴァースカヤの16』です。種牡馬入りしたシルバーステートの全弟。兄は中京のマイル戦をレコードV(1分34秒7)で飾った快足馬。脚部不安で大舞台へ進めなかったが、順調だった間違いなくG1を勝てていたはず。弟も秘めた素質は相当でしょう。池江師は「動きが軟らかくてキレがある。クラシックを狙える」と高く評価しています。兄の無念を晴らしてほしい。

 【オサム】また池江厩舎かいな…。ヒネりがない。ヒネりがっ!!

 【細原】じゃ池江厩舎からヒネりを加えてフランケル産駒の牝馬『サトノソレイユ』の名前を挙げておきましょう。これも池江師の評価が高い。「幅があってフランケル産駒らしい体つき。パワーがありそうで、距離はマイルから中距離ぐらいまでこなせそう」。イメージするのは僚馬ミスエルテのような破壊力ですね。

 【オサム】アカン。細原は池江厩舎の説明会に行ってから、完全に取り込まれてる。ミイラ取りがミイラになってる。意味違う?

 【小林】では、練りに練りまくった僕のラインアップがこれ。POG20年のキャリアを見せましょう。牡馬1位は『サトノジェネシス』。言わずと知れたサトノダイヤモンドの下。胴長の兄と比べるとコンパクトにまとまった印象。2位『ダノンジャスティス』の母マンビアは仏G3カルヴァドス賞勝ち。馬体の感じから見ても短距離っぽい。『サターン』はフラワーC勝ちカンタービレの全弟。同じ角居厩舎ということで期待できそうです。

 【オサム】ううむ。同じ名門推しでもなかなか味わい深い。堀厩舎に始まり、中内田に角居。その調子で牝馬も聞かせてちょうだい。

 【小林】『シャルムダムール』は品がありそうな雰囲気でチョイス。母は米マイルでG3勝ち。ちなみに全兄で現3歳のブラゾンダムールは新馬勝ちから共同通信杯6着。『ファイナライズ』は昨年も指名したシグナライズの半妹。今年ももう一度期待してみようかと。『ユナカイト』は今年の桜花賞勝ちアーモンドアイの半妹。見た目は短距離っぽい。『オーロトラジェ』はオークス、桜花賞勝ちミッキークイーンの半妹です。

 【オサム】池江厩舎を押さえに回しているところに好感。ツウの選択や。じゃ、最後に私のラインアップを見てもらいましょ。牡馬の1位が『ブラヴァス』。母ヴィルシーナ。友道厩舎の押しも押されもしない1番馬。『フランクリン』は音無厩舎が悲願のダービー制覇を夢見る馬。兄フランツは京都新聞杯で出遅れ、ダービー出走はかなわなかった。兄の無念は弟が晴らす!!3位は『プランドラー』。早め入厩で確実に“計算”できる1頭。これを入れないと今年は話にならない。4位が『サートゥルナーリア』。これも別面の“速効系”で取り上げられているように早いデビューが魅力。確実に稼いでおきたい、せっかちなファンにお薦め。あら?みんなどうした?反応ないけど。

 【全員】あんたや!!1番堅いとこ推してるのは!!どの馬も王道中の王道。今年のPOGで雑誌、新聞に取り上げられている馬ばっかりやん。POGも大穴狙いに徹してもらわんと。はい、全部書き直し!!

[ 2018年5月25日 17:28 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:06月21日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース