【日本ダービー】コマンドール 内枠歓迎「持ってる馬」

[ 2018年5月25日 05:30 ]

<ダービー>厩舎周りを運動するキタノコマンドール(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 キタノコマンドールの川合助手は「後ろからの(差し)馬なので枠は気にしていなかったが、内枠なら作戦を組み立てやすい。やっぱり“持ってる”馬ですね」と笑顔。この日は厩舎周りの運動で息を整えた愛馬に、「いい状態で送り出せそう」と目を細めた。ブラストワンピースの大竹師は「脚質に自在性のある馬なので、枠はそれほど気にしていない。追い切り後も特に変わったところはない」と順調な仕上がりをアピールした。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2018年5月25日のニュース