【日本ダービー】フライヤー V先輩の隣歓迎「流れ乗れそう」

[ 2018年5月25日 05:30 ]

調教へ向かうタイムフライヤー
Photo By スポニチ

 内枠有利とされる舞台設定でタイムフライヤーが1枠2番に入った。枠順を伝え聞いた松田師は「奇数偶数は関係ないけど1、2コーナーのカーブがきついので内枠の方が得じゃないかなと思います」とイメージ。厩舎の先輩タニノギムレットは02年に2枠3番からダービーVを成し遂げている。そのすぐ隣のポジションを歓迎。「この枠なら自然と流れに乗っていけそう。位置取りはジョッキーにお任せしています」とトレーナーは内田に託した。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年5月25日のニュース