フィギュアから転身の平川、羽生の金メダル「刺激になった」

[ 2018年3月24日 05:30 ]

第122期修了記念競走

修了記念競走1Rで白星を挙げた平川香織        
Photo By スポニチ

 平川香織(17=東京)はフィギュアスケートからボートレースの道へ。「引退された加藤峻二さんのレースを見て70歳でも競技できるのは凄いと思った。男女関係なく勝負できるのも魅力」。羽生結弦とは一緒に練習した間柄。「小学生の頃、同じ先生に習っていた。(平昌五輪の)金メダルは刺激になった」。目標の選手は中村桃佳(香川=114期)で「力強い旋回ができるようになりたい。人一倍努力して早くSGレーサーになりたい」。5月22日からの戸田でデビューを迎える。水上でも華麗な舞を見せてくれそうだ。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2018年3月24日のニュース