コウソクストレート 蹄葉炎のため死亡 ファルコンSで重賞初V

[ 2017年11月15日 20:25 ]

ファルコンSで重賞初制覇したコウソクストレート(手前)
Photo By スポニチ

 JRAは15日、今年のG3「第31回ファルコンS」を制したコウソクストレート(牡3=中舘)が、蹄葉炎のため死亡したことを発表した。

 コウソクストレートは2016年7月、新潟の新馬戦でデビューし快勝。2戦目のくるみ賞も勝ってデビュー2連勝を飾った。そして最後のレースとなった、今年3月のファルコンSで重賞初勝利を挙げた。

 通算成績は5戦3勝。JRA通算獲得賞金は6148万4000円(付加賞含む)。

 ◆コウソクストレート 父ヴィクトワールピサ 母メジロアリス(母の父アドマイヤコジーン)牡3歳 美浦・中舘厩舎所属 馬主・野崎昭夫氏 生産者・北海道洞爺湖町レイクヴィラファーム。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年11月15日のニュース