【ジャパンC】タンタアレグリア、左腰の疲れで回避 来春復帰を目指す

[ 2017年11月15日 13:38 ]

タンタアレグリア
Photo By スポニチ

 ジャパンC(26日、東京)に登録していたオールカマー3着馬タンタアレグリア(牡5=国枝)が左腰の疲れで回避することが15日、決まった。有馬記念を含めた年内は全休し、来春の復帰を目指す。

 同馬の回避で、除外対象だった天皇賞・秋3着馬レインボーライン(牡4=浅見)が出走可能となった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年11月15日のニュース