【根岸S】カフジテイクが重賞初制覇!大外から豪快差し切り決めた

[ 2017年1月29日 15:51 ]

<東京11R・根岸S>外強襲でレースを制した(3)カフジテイク
Photo By スポニチ

 「第31回根岸ステークス」(G3、ダート1400メートル・曇・良)は29日、東京競馬場11Rで行われ、福永騎手騎乗の1番人気、カフジテイク(牡5=湯窪厩舎、父プリサイスエンド、母テイクザケイク)が大外から豪快に差し切ってV。勝ち時計は1分23秒0。

 レース序盤から後方で脚をためたカフジテイク。最後の直線で猛烈な追い上げ。大外から一気に差し切る豪快な競馬で重賞初勝利を決めた。

 1馬身差の2着がベストウォーリア。そこから2馬身1/2差の3着にエイシンバッケンが入った。

 カフジテイクの通算戦績は22戦7勝。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年1月29日のニュース