【新潟大賞典】追ってひと言

[ 2016年5月5日 05:30 ]

 ▼アングライフェン(安田師)リフレッシュ放牧を挟んで元気いっぱい。ただ、ハンデを見込まれたし、オープンではもう少しもまれないと厳しい。

 ▼ダコール(中竹師)牧場でも乗り込んできたし、走れる出来です。あとは良馬場を願うのみ。

 ▼パッションダンス(友道師)出来は変わらず。左回りの直線が長いコースはベスト。持久力勝負なら。

 ▼ヒストリカル(音無師)状態はいいよ。新潟は外差しが決まるし、内有利の馬場に泣いた前走みたいなことはないはず。

 ▼メイショウカンパク(佐藤助手)使った方がいいタイプだけに、久々は割り引き。新潟もどうかな。

 ▼メイショウナルト(本田師)馬体重は20キロぐらい増えているが、太めには見せない。気性がネックで結果が出ていないが、攻めの良さがレースで生きれば。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年5月5日のニュース