【園田・兵庫CS】ケイティブレイブ7馬身差圧勝で重賞初制覇

[ 2016年5月5日 05:30 ]

 G2「第17回兵庫チャンピオンシップ」が4日、園田10Rで行われ、地元川原騎乗、主導権を奪った2番人気ケイティブレイブが7馬身差をつけて逃げ切り、初重賞を手にした。1番人気ゴールドドリームは最後に突き放され2着。

 川原は「ロングスパートでいい脚を使えた。馬が強かった」。次走はユニコーンS(6月19日、東京)。ゴールドドリーム・川田は「初の小回りの影響が出たのかも」と語った。

 ◆ケイティブレイブ 父アドマイヤマックス 母ケイティローレル(母の父サクラローレル) 牡3歳 栗東・目野哲也厩舎 馬主・滝本和義氏 生産者・北海道新ひだか町の岡野牧場 戦績10戦3勝(地方1戦1勝) 総獲得賞金5552万8000円。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年5月5日のニュース