【朝日杯FS】14番人気アルマワイオリ2着 低評価覆して好配当演出

[ 2014年12月22日 05:30 ]

 好配当の立役者となったのは14番人気のアルマワイオリだった。道中は後方でなだめながら。じっくり脚をタメて直線に向くと、内に進路を取りながらジワジワと追い上げた。

 低評価を覆しての2着に勝浦は「これだけやれるんだとあらためて感じました。やっぱり走りますね。力は出せたと思います」と悔しさの中に充実感を漂わせた。前走・デイリー杯2歳Sでは折り合いを欠いて4着に敗れたが、その経験が今回に生きた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年12月22日のニュース